読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Salesforce】データを間違って削除してしまった場合は、workbenchなら一括で復元できるよ!

Salesforceでは、削除したデータはいったんごみ箱へ格納されます。

 

f:id:irodoruhito:20170310154333p:plain

 

irodoruhito.hatenablog.com

 

ごみ箱から復元することもできますが、データ数が多いときは大変ですね。

そんな時は Workbench を使って、一括で復元することが出来るんです。

 

まずは復元したいデータを、データローダでエクスポートしましょう。

f:id:irodoruhito:20170310161342p:plain

Export All機能を利用すると、削除したデータもcsvファイルへエクスポートすることが出来ます。

 

f:id:irodoruhito:20170310162157p:plain

「Select a fields」を選択し、対象のオブジェクトのすべての項目を抽出しましょう。

抽出条件は、「IsDelected equals true(削除済)」を選択しました。

 

csvファイルが抽出出来たら、Workbenchへアクセスします。

https://workbench.developerforce.com/login.php

 

EnvironmentでProduction(本番)かSandboxかを選択します。

API Versionはデフォルト(おそらく最新)のままでいいと思います。

 

ログインすると、、、

f:id:irodoruhito:20170310164934p:plain

 メニューバーが表示されます。

「data」「Undelete」を選択しましょう。

 

f:id:irodoruhito:20170310172345p:plain

「From File」を選択し、ファイル選択ボタンから先ほどデータローダで抽出したcsvファイルを選択し、「Next」ボタンをクリック。

 

f:id:irodoruhito:20170310165336p:plain

ここで、Mappingキーを選択します。

デフォルトはIDとなっているので、おそらくそのままでいいと思います。

「Map Fields」ボタンをクリック。

 

f:id:irodoruhito:20170310165423p:plain

「Confilm Field」ボタンをクリック。

 

f:id:irodoruhito:20170310170107p:plain

復元完了!

 

Salesforceで確認してみます。

f:id:irodoruhito:20170310170118p:plain

 削除されていたはずの2件の取引先データが復元されていますね。

 

f:id:irodoruhito:20170310170128p:plain

取引先に関連していた取引先責任者レコードも復元されています。

 

f:id:irodoruhito:20170310170138p:plain

取引先内で自己参照を設定していたのですが、そちらのリレーションも復元しています。

 

f:id:irodoruhito:20170310170149p:plain

最終更新日時が更新されています。

 

親データを復元すれば、子データも一気に復元出来るので、とても便利な機能です。

うっかりデータを削除してしまった際は、ぜひお使いください!